ドイツのアナログシンセメーカーMFBは、ドラムマシンTanzbärとシンセサイザーDominion 1を展示していました。まだプロトタイプの段階のようで、Dominion 1のシーケンサーとアルペジエーターは動作していませんでした。しかしサウンドはむちゃカッコよく、ごっついテクノミュージックを作ってみたくなります。もっとじっくりさわってみたかったのですが、デモンストレーターのUwe氏がちと怖かったっす。(下のビデオでサングラスをかけている人)

Tanzbär(800 euro)は今月中の完成予定、Dominion 1(1400 euro)はこの夏の発売予定


 

MFB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です