Native InstrumentsはDJソフトウェアTraktorのアップデートバージョン2.6.2をリリースしました。今回のバージョンアップでは「Remix DeckのMIDIマッピング」に対応。つまり、これまでTraktorのRemix DeckはNI Kontrol F1のみでしかすべての機能をコントロールをすることができなかったのですが、これからはサードパーティ製のMIDIコントローラを使ってもRemix Deckをコントロールすることができるようになります。

その他、今回のバージョンでは間もなくリリースされるNI Kontrol Z1 への対応、Windowsバージョンでの日本語入力の改善などがされています。登録ユーザーはNI Cervice Centerよりダウンロード可能。

KEY FEATURES:
– Integration of TRAKTOR KONTROL Z1
– Overall performance and stability improvements

BROWSER:
– Fixed text input for Japanese characters (Windows)

CONTROLLER MANAGER:
– Added controls for direct mapping of Remix Deck cells
– Added controls for advanced Remix Deck features: Reverse,
Quantize, Cell Load, Cell Delete and Cell Capture
– “Invert” option now properly available for all control types

DECKS:
– Timecode and deck related warning messages are now prominently
displayed in the Deck Header
– Added Flux Mode button to the Transport Section

MIXER:
– Removed Mixer Headroom setting for External Mixer mode
– Headroom setting of TRAKTOR KONTROL Z2 no longer affects other
devices

TIMECODE:
– Improved timecode reliability when using Hot Cues (all media)
– Improved resistance against record damage (Vinyl MK2)
– Improved tracking alert warning (Vinyl MK2)
– High Input warning (CD all)
– Scroll-Zone unresponsiveness fixed (CD MK2)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です