昨日の新MIDIキーボードコントローラLaunchkey Miniの発表に続き、本日、Novationは小型コントローラLaunch Controlの発表を行いました。Launch Controlは16個のノブと3色に光るパッドが8つ備わった小型コントローラ。Launch Padと並べて使うことでAbleton Liveやの強力なコントロールシステムを構築できるほか、iPadとの接続によってNovationのフリーアプリLaunchPad Appのミキサーコントローラとして完全統合。クラスコンプライアントUSB対応なので、ドライバーのインストールは不要、主要DAWソフトウェアのミキサーコントローラとして即使用することも可能です。

Novation LaunchPadが初めてリリースになったのは2009年。Ableton Live使うミュージシャンのためのパフォーマンスツールとして注目をあつめ、YouTubeでの「コントローライズム」というムーブメントを作るきっかけとなったコントローラ。M4sonic、Madeon、Gotyeなどのアーティストはその代表格。

LaunchPadは64個のパッドが備わったコントローラで、欠点と言えば、通常ノブやフェーダーを使いたくなるようなボリューム操作においても縦8つのパッドを使わなければならなかったというところ。今日発表になったLaunchControlのノブを使えばこれまでにないスムーズなボリュームコントロールやエフェクターのコントロールが可能になるわけです。

 

 

  • 16個のノブ (300度の回転)
  • 8つのパッド(3色のLEDライト)
  • 6つのファンクションボタン
  • iPadとの接続可能(Appleカメラコネクションキット要)
  • USBバスパワー電源供給 (iPadからも可能)
  • 8つのファクトリーテンプレート+8つのユーザーテンプレート(セッティングを保存可能)
  • Ableton LIve Lite+Loopmaster サンプルパック付属
  • クラスコンプライアントUSB対応
  • 寸法 240mm x 118mm x 23mm
  • 重さ 470g
  • 予想価格 $99

Requirement

  • MAC – OS X 10.8 Mountain Lion and 10.7 Lion
  • WINDOWS – Windows 8 and Windows 7 (64 & 32 bit)
  • IPAD – iPad2 or later is recommended. iOS 5 or above is required

 

 

 

Novation

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です