9月10日に行われるアップルの新作発表会では、iOSの新しいバージョンであるiOS7のリリースも予定されており、それにまつわるニュースも多くなってきています。iOS 7リリースは9月18日

iOS7にはInter-App-Audio という機能が実装され、アプリ間のオーディオストリーミングや、オーディオレンダリングの際のMIDI制御も可能になるという発表があります。

でも実際のところはサードパーティ製アプリであるAudioBusやJackがこのような機能をすでに実現しているわけで、アップルが同様の機能をオフィシャルで搭載することによって、AudioBusやJackを含め、音楽アプリがこの先どのように進化していくのか多いに注目したいところです

 

AudioBus

iOS7に対応するAudioBusのアップデート準備は整えられたようで、驚くようなものになることが期待できそうです。通常サードパーティのディベロッパーが手を触れることの出来ないSystem-levelの領域までに開発が及んでいるとのことです。

AudioBus ニューバージョンのキーワードは

  1. AudioBus Connection Preset
  2. Multi channel input device support
  3. ??

AudioBusについてのこれまでの記事はこちらからどうぞ。

 

Audio Copy

Audio Copy機能もiOS音楽アプリではすでに定番となっている機能です。ひとつのアプリで作ったサウンドを、コピー・ペーストするように、別のアプリにエクスポートすることができるクリップボードのような機能。

このAudio Copy機能もiOS7では大きくアップデートされることになり、開発のRetronymsによると、Audio Copy単体のアプリがリリースされるそうです。様々なアプリでコピーしたサウンドがこのアプリによってすべて認識され、ブラウズすることや試聴することも可能になるアプリとなっているようです。DropBoxやiTunesライブラリーとの同期も可能とのこと。

アップル新作発表会は9月10日午前10時・日本時間の11日午前2時から、カリフォルニア州クパチーノにあるApple本社で開かれます。

 

AudioBus

Retronyms Audio Copy

 

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

2 Responses to iOS 7リリース間近:「AudioBus」と「Audio Copy」のアップデート情報

  1. […] /os-7リリース間近:「audiobus」と「audio-copy」のアップデート  から引用 […]

  2. […] /os-7リリース間近:「audiobus」と「audio-copy」のアップデート  から引用 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です