Mixed in Keyがリリースした新しいDJソフトウェアFLOW。今主流とされているDJソフトウェアとはちょっと違ったユニークなワークフローを提供する新しいタイプのDJソフトウェアです。

トラックアレンジ

これまでのDJソフトウェアは「デッキA」と「デッキB」でプレイされている曲をつないで行くという流れだったわけですが、このFLOWではひとつのトラックのなかで曲をつないでいくというアイデアが取り入れられています。つまり、デッキ内で曲の「展開」をアレンジすることができるようになるもので、極端な話、イントロからコーラスに飛ばしても、ビートマッチングは自動的におこなわれ、かつクロスフェードも自動的にかかるそうです。Mixed in Keyは「まるでレゴで遊んでいるようなDJプレイ」と表現しています。

トラックアナライズ機能

Mixed in Keyというメーカーはもともと、トラックのキーを自動的に検出するアルゴリズムを開発しており、同名Mixed in Keyというソフトウェアもリリースしています。このFLOWではMixed in Key の最新バージョン6の機能が備わっています。

トラックのキーだけではなく、「Energy Detection」トラックのエネルギー量を検出することも可能で、1から10の数値で表示され、賑やかなトラックと静かなトラックの違いを識別することができるわけです。

BPMの検出も行われ、これら3つのトラック情報が、DJが次の曲を選ぶ際の助けとなってくれます。

クリーンなインターフェイス

他のDJソフトウェアが4デッキプレイヤーやエフェクターを多く採用しているのとは違い、FLOWのは2デッキ+EQ+ループだけのシンプルなセット。インターフェイスは  Preparation、Play、 Exportと大きく3つに分かれ、目にも優しく、それぞれの作業に集中しやすい作りになっていいます。

 

 

FLOWはWindows/Mac OS Xで動作。すべてのMIDIコントローラもサポートされているようです。

$58、機能制限付きのデモバージョンあり

FLOW

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です