11月23日、ドイツベルリンで行われたスウェーデンのシンセサイザーメーカーElektron開催のローンチパーティNight on Machines。ここでElektronが発表したのは37鍵盤付きの4ボイス・アナログシンセサイザー「Analog Four Keys」でした。

  • アフタータッチ対応37 鍵セミウェイトキーボード
  • アサイナブル・ジョイスティック
  • Elektron ステップシーケンサー
  • FX セクション
  • エクステンシブ・モジュレーション・セクション
  • マルチティンバー、ポリフォニック、ユニゾンモード
  • 新しいフィルターモード extreme resonance

これまでにないキーボードパフォーマンスの可能性を持ったAnalog Four Keys。この一台だけで、コンピューターなくして音楽制作できるという話も過言ではなさそうです。デモンストレーションで特に感激したのは、キーボードをスプリットして演奏することができるマルチティンバーモードやジョイスティックを使ったトリッキーなエフェクターアクション。Elektronのアナログサウンドだからこそ感激もひと際。

価格、発売時期等、詳細は11月26日Elektron公式サイトにて発表

Elektron

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です