sector480x480

 

もしこれまでのステップシーケンサーやサンプルスライスに飽きてしまった時は、このipadアプリSECTOR を試してください。

SECTORの基本動作は、例えば『スライス1』から『スライス5』に50%の確率でジャンプさせる・・・『スライス3』から『スライス8』に70%の確率でジャンプさせる・・といったように、「確率」を使ってスライスのプレイ順序を決めていきます。頭で考えて操作すると相当混乱してしまいますが、そんな複雑なことでも簡単にできてしまうのがこのアプリのすごいところです。その結果、とにかく目まぐるしい限りにシーケンサーが動き、エレクトロニックならではのグリッチーなサウンドを作リ出します。

そしてこのSECTORが、先日、バージョン1.1をリリースしました。嬉しい新機能は、MIDI ClockスレーブモードやMIDIコントロールに対応したことで、これからはDAWソフトウェアからでもSECTORを操作することができます。

MASCHINEやMPCの未来はこんな感じなのかしら?と思ったりも。

 

sector480x480 (1)

 

SECTORバージョン1.1 の新機能

• MIDI Control to trigger sectors or switch between memory slots
• MIDI Clock Slave mode
• Listen to MIDI Machine Control start/stop messages
• New special silent WRP shape to mute sectors or add rests
• Design tweaks for WRP page
• IAA app switcher on iOS8
• New Sync Settings menu page with Follow IAA Host settings
• Allow turning off IAA clock sync for broken hosts
• Include WRP reverse toggle in randomization
• Bugfixes and tweaks

まだ、イントロダクションビデオを見ていない方はこの機会にぜひどうぞ。

App Storeにて¥1.080

SECTOR

 

 

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です