pushscreen2

 

Ableton PUSH 2 のスクリーンにセッションビューを表示することができるようになるMax For LiveデバイスP2D-Sessionがリリースされました。このデバイスを使うとスクリーンには8×8のマトリックスが表示され、Ableton Live で操作中のクリップが表示されます。クリップ名(日本語もオッケイ)はもちろん、再生中のクリップのポジションもリアルタイムで表示されます。

P2D-Sessionの起動方法は簡単です。まずは、ダウンロードしたデバイスをオーディオトラックに挿入するとごくシンプルなインターフェイス(画像下)が表示され、これをActiveにします。あとはPUSH 2 のシフトキーとセレクトキーを同時に押すと、スクリーンにはディベロッパーSigabortのロゴが表示され、続けてセッションビューが表示されるようになります。

 

スクリーンショット 2015-12-17 14.19.25

 

どういうわけかこれまでのAbleton PUSH ではクリップ名を表示することができませんでしたが、P2D-Sessionによってこれが可能になります。コンピュータースクリーンに頼らずに操作ができるようになる、とっても使えるデバイスです。

P2D-Sessionの価格は£12。Sigabortのサイトより直接購入できます。

 

 

pushscreen

 

 

 

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です