前回のポストで紹介したベルリンのソフトウェアメーカーSugarBytes。そしてこれが今月末にリリースされるプラグインシンセCyclop。モノシンセとはいえエフェクター、シーケンサー、モジュレーション、そしてウォッブルジェネレーターをかまし、激しいベースサウンドを作ることができる前代未聞のシンセサイザー。見ての通り相当クレイジーなことになってます。

インターフェイスの下の部分。左から、二つのオシレーターセクション、ルーティングセクション、二つのフィルター。オシレーターはSaw、Analog、FM、Transformer(サンプラー)、Sectromat、Phase Stressorの6種類から選択ができる。

4つのノブとその下にある録音ボタンと再生ボタン。ノブの動きをシーケンサー上に録音することができ、中央のスクリーンでその動きをエディットする。キーボードを押さえると活発に動き回る。

エフェクターセクションのエディットスクリーン。同社Effectrixと同じような構造で、グリッド上に4種類のエフェクターを並べトリガーする。

モジュレーションアマウントアサイン。シンセ、フィルターにかかるモジュレーションの量が把握できる。

オマケのようでいて、オマケじゃないゲームセクション。

ビデオはディベロッパーRico Baade氏によるデモンストレーション。

 

 

AU/VSTプラグイン、SugarBytesサイトにてダウンロード販売、価格は未定。

 

Tagged with:
 

One Response to 噂のウォッブル・シンセ SugarBytes Cyclop 間もなくリリース

  1. […] いベースサウンドを作るのに特化したソフトシンセ。いっかいさんの記事がわかりやすいですね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です