バーチャルアナログシンセサイザーの開発で有名なArturiaより、1970年代の伝説のアナログシンセサイザーMini MoogをシュミレートしたiPadアプリiMiniがリリースになりました。iPadでポリフォニックのMoogサウンドを楽しめる!

カオスパッド式のパフォーマンスモードが搭載されているなど、ArturiのコンピュータソフトウェアMini Vとは違った試みもみられるiMini。エフェクターはコーラスとアナログディレイの2種類。たった2種類?でも、そこがまた渋いところ。

Core MIDIがサポートされているので外部MIDIコントローラからの演奏も可能。Wistにも対応しているのでKorgのアプリと同期演奏もできますね。

 AKAI iMPCと同様、このiMiniはRetronymusのアプリTabletopのモジュラーの一つとしても使えるのが面白いところ。Tabletopを使うと上の画像のようにAKAI iMPCとiMiniを一緒に使うこともできるわけです。Tabletopはフリーのアプリ。

Moogファンにとては嬉しいアプリ。あとで大きなスピーカーを使ってどんな出音か試してみようと思います。でもAudio Busが付いてない、MIDIクロックを受けれないなどバージョンアップへの期待は大きいですね。

Arturia

App Storeにて¥850

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です