スクリーンショット 2016-01-24 13.05.50

 

NAMMでは明かされなかったニュースです。

昨年の春に、音響機器メーカーBehringer(べリンガー)は「新しいアナログシンセサイザーを開発中」というリーク画像を公開したのですが、その後のMusikMesseやNAMM では何の続報もなく、まさか噂だけで終わってしまうのかという危惧さえ持たれていました。

ところが、昨日の「AMAZONA.de」(独の人気楽器サイト)の記事によると、Behringerの新しいシンセサイザーの開発は順調に進み、いよいよ2016年夏頃には発売が予定されていると報じています。

この「AMAZONA.de」の記事では、あるジャーナリストがBehringerからの呼び出しを受け、プロトタイプを試奏するまでの心境が綴られています。とはいえ厳戒な守秘義務のため、画像もサウンドも公開されていなければ、機能について詳細も記されていません。文中では「WOW!」という感嘆の言葉が幾度も使われ、プラス評価の高いシンセサイザーであることが強調されています。

 

この記事で公にされていることは以下の通りです。

  • Behringerブランドによるアナログシンセサイザー
  • バーチャルアナログではない
  • Arp Oddysayのレプリカではない
  • Moogと言うよりはローランド・ビンテージに近い音色
  • 切れ味の強いエンベロープ
  • 多彩なモジュレーション
  • サウンドは驚くほどに実験的にもなる
  • アジア的クリシェを持っている人は、驚天するかも(日本製シンセファンのことを言っているのだろうか?)
  • 発売は2016年第二四半期か?
  • ベリンガー的なネーミング
  • 手頃な価格ではあるが、安くはない

 

 

via AMAZONA.de

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です