behringer_spezielle_studiotechnik_gmbh_logo

ここのところBehringerの話題が尽きない。Behringerはまず昨年末にアナログポリフォニックシンセサイザーDeepMind 12をリリース。これまでの常識を打ち破る低価格なシンセの登場に業界は騒然。それだけには止まらない。今年に入ってからBehringer氏は超低価格49ドルのアナログシンセサイザーの開発プランや、アナログシンセの代名詞ともいうべきminimoogのクローンシンセを400ドルで発売するプラン、さらに、1971年のアナログシンセの名機 Arp 2600と、1983年の英国産シンセOSCarのクローンバージョンの開発もアナウンスしている。

面白いのはBehringerのボスであるUli Behringer氏が自らテックサイトやSNSに書き込みを行い、ユーザーからのフィードバックを常に求めている点だ。今年に入ってからはすでに5、6回の書き込みが行われており、西洋のシンセ業界ではそのたび大きなニュースになっている。現在Behringerでは社内4チームによって全20のシンセサイザーとドラムマシンの開発が行われ、”革新的シンセとクラシックシンセの復活”に向けて全力が注がれているそうだ。

 

Uli Behringer氏の書き込み履歴

2016年11月 アナログポリDeepMind12のデスクトップ・バージョン(およそ$ 899)の開発プラン

2016年12月 808・909スタイルのアナログ・ドラムマシンの詳細とイメージ

2017年2月 49ドルのアナログシンセサイザーの開発プランをアナウンス

2017年3月 400ドルのMinimoogクローンBehringer Model E(ユーロラック)の開発イメージをアナウンス

2017年3月 1971年のアナログシンセの名機 Arp 2600、1983年の英国産シンセOSCarのクローンバージョンの開発プランをアナウンス

 

 

 

 

 

 

One Response to Behringer、クローンシンセサイザーの開発プランを続々と発表

  1. […] ■Behringer、クローンシンセサイザーの開発プランを続々と発表 | いっかい/ikkai Arp 2600のニュースも出てたけどこう時系列で見るとすごいな。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です