Share on Facebook

 

gplug

 

DSP Synthesizer からリリースされたdsp-Gplug は15のオシレーター+24dbローパスフィルター+フィルターレゾナンス付きのバーチャルアナログシンセサイザー。MIDIソケットの中に同社のシンセキットdsp-G1 が内蔵されています。最大5和音まで演奏できるパラフォニック仕様。MIDIケーブルを通して電源供給される仕組みになっています。MIDI CC を使って19のパラメーターをコントロールすることもできるそうです。

以前、ドイツのPloytec 社開発による πλ2 (ピーエルスクエアド)というシンセサイザーを試してみましたが、もしかしたらdsp-Gplugこそが世界最小のシンセサイザーといえるかも?価格は80ドルとなっています。

⬇️でデモサウンドを聞くことができます。ちょっとノイジーではありますが、割と個性的なサウンドかも。

 

Continue reading »

 
Share on Facebook

volcasample

 

かわいいVolca、たのしいVolca、間もなく発売開始となるコルグVolca シリーズのニューファミリー、サンプルシーケンサーVolca Sample。発売を前に、「Volca Sample イントロダクションビデオ」と専用iOSアプリ「Audio Pocketイントロダクションビデオ」2種類のオフィシャルビデオが公開されています。

「Volca Sample イントロダクションビデオ」では、一つのサンプルサウンド(エレクトリックピアノ)から、キック・ハイハット・ベース・リムショットの音を作り出し、シーケンスパターンを作っていく様子が紹介されています。

Volca Sample では11個のパラメーターノブ(START POINT、LENGTH、HI CUT、SPEED、EG INT、Pitch ATTACK、Pitch DECAY、AMP LEVEL、PAN、Amp ATTACK、AmpDECAY)を使ったサウンドエディットが可能、さらにはこれらのノブを動かした情報を記憶するモーションシーケンス機能が大きな特徴となっています。また、これらのパラメーターをMIDI CC を使うことによって外部シーケンサーからコントロールすることも可能となっています。

 


Volca Sample におよそ100個のサンプルサウンドが内蔵されていますが、自分の身の周りの音をサンプリングしたい場合にはiOSデバイスと専用アプリ「Audio Pocket」を使うことが必要になります。Android ユーザーはコルグ宛に嘆願書を書きましょう。

専用アプリ「Audio Pocket」のイントロダクションビデオでは可愛らしい子供の声がiPhone でサンプリングされ、サンプルデータをエディットしています。iOSデバイスのヘッドフォン端子とVolca のシンクイン端子を接続することでデータの転送が可能になっているようです。Volca Sample のサンプル容量は4MB(最大65秒)、サンプリング周波数は31.25kHz、16bitとなっています。

 

 

サンプル容量が4MB(最大65秒)と、今の時代らしくはないスペックではあるのですが、こんな制限があるからこそ、コンピューターに慣れきってしまった人はもう一度、工夫をこらして音作りをする楽しみを味わえるのではないでしょうか。初めてサンプラーを手にする人はモーションシーケンサーを使ってじゃんじゃん音を加工してみてください。他の人とは全く違う音を作ることのできるチャンスです。他のVolca ファミリーと並べてジャムセッションを行なえばさらに楽しいこと間違いなし。

 

KORG

Tagged with:
 
Share on Facebook

WretchUp1

 

ドイツのテクノデュオ、マウスオンマーズが手がけたアプリWretchUp がリリースされました。WretchUp はボイスチェンジャー・エフェクター。厳密に言うとピッチシフターとディレイが合わさったようなエフェクターで、iPhoneやiPad のマイクロフォンに向かって歌ったり叫んだりした声がアナーキーに加工され、スピーカーからならされます。大声を出しながらパラメーター(ディレイタイム・フィードバック・フィルター・フリークエンシー)を上げ下げするのが一番楽しい使い方かもしれません。または録音した音を再生しながら、スピードノブをグルグル回してみるのも楽しいです。もちろん声以外、リズムループやシンセサウンドに使ってみるのも楽しいです。

WretchUp2

 

iPhoneでもiPadでも使えるユニバーサル仕様ではありますが、「iPhone片手持ち」で使った方がライブでの見栄えは良いかもしれません。

実験的、電子的、ドイツ的ユーモアあふれる、やんちゃなニューアプリ。

 

 

App store にて¥400

MOM Instruments

 

 

 

Tagged with:
 
Share on Facebook

ikeabekant

 

机の前に座ってDJの練習をすることはあまり好ましいことではありません。机の前に座って長時間音楽作りをすることも体にとって思わしいことではありません。たまには立ちながら作業することによって、腰痛にもいいはずですが、脳にも良い刺激が伝わり、新しいインスピレーションが湧いてくるかもしれません。

家具販売店 IKEA が新しく発売したBEKANT ergonomi はスイッチ一つで高さを調節することができるオフィス用デスク。元々は長時間オフィスワークをする人のために作られたものではあるようですが、もちろんミュージシャンがライブパフォーマンスの予行練習として使うことや、クラブでのDJプレイをイメージして使うこともアリでしょう。

このタイプのデスク、IKEA JAPANのカタログには掲載されていないようです。ちなみにアメリカでの価格は$599 となっています。

 

 

 

レコード収集になやんでいるDJの方はこちらもどうぞ。IKEA によるホームスタジオ改装術その1

 

Tagged with: