29791_51

 

今週水曜日からドイツ・フランクフルトで開催するMusikmesse 2018にて、イギリスのシンセメーカーExodus Digital がバーチャルアナログシンセValkyrie(ワルキューレ)を発表します。Valkyrieは、8マルチティンバー、各ボイス10オシレーターまでの使用が可能、2ボイス合体で20オシレーターの使用が可能、各マルチティンバーは9種類のエフェクトモジュールの使用が可能、4アウトプット端子を搭載するなど、かつてのバーチャルアナログブーム最盛期を思わせるボリューム感たっぷりのデスクトプップシンセ。価格、発売日など、詳細はのちほど報告します。

 

Continue reading »


スクリーンショット 2018-04-04 13.35.51

 

ROLANDは1983年のドラムマシンTR-909のプラグインソフトウェアをリリースしました。本ソフトウェアはRoland Cloudバージョンとしてリリースされたもので、個別には販売されません。Roland Cloudは月額2265円(年間23100円)払うことによってROLANDのプラグインソフトウェアを通常のプラグインと同じように使えるようになるサブスクリプション方式のサービスで、現在カタログにはおよそ30のプラグインが用意されています。先月はTR-808のプラグインソフトウェアが追加されたばかりです。SH-101もある、SH-8もある、JD-1080もある、JUNOもJUPITERもある、かなりの充実度です。

 

Continue reading »

Tagged with:
 

29415379_182335485896985_4169525268517486592_n(1)

東京に拠点を置くシンセメーカーBlack Corporationが、8ボイスのポリフォニック・アナログシンセサイザーKijimiを、5月3日からドイツ・ベルリンで開催されるトレードショーSuperbooth 2018で発表するとのことです。Kijimi?日本語に聞こえないでもありませんがいったいどう意味なのでしょうか。

Black Corporationは本年度のNAMMショーにおいてYAMAHAの8ボイスポリフォニックシンセ CS-80のクローン、ラックマウントモジュールDeckard’s Dreemを発表し注目を集めました。今回発表となるKijimiは1970年代後半に製造されたフランス製の超レアなポリシンセRSF Poly Kobol II のクローン。RSF Poly Kobol II の特徴であったモーフィングオシレーターがどのように再現されているのでしょうか。詳細は後ほど。

ちなみに下のビデオはオリジナルRSF Poly Kobol II のデモンストレーションビデオ。とても味わい深いサウンドです。

Continue reading »


iMonoPoly_Main

KORGのiOSシンセiMono/Polyの無償アップデートバージョン1.1がリリースされました。このバージョンでは超有名ボードゲーム「MONOPOLY」とコラボしたスキンが追加され、メニューに表示されている「モノポリーおじさんのアイコン」を押すとインターフェイスのデザインが一変します。さらに、サイコロを振る(タップする)と新しいサウンドが自動的に生成される「ランダマイズ機能」も追加されました。思いがけないナイスなサウンドに出会えるかも。

iPhone版のスキンは近日中にアップデートされるのこと。4/22まで50%オフセール実施中。

iMono/Poly 

KORG

Continue reading »

Tagged with:
 

41spQqUVigL

 

MIDIキーボードを使ってバイオリンを演奏するとき、特に「チゴイネルワイゼン」みたいなドラマティックなソロ演奏をしたい時には、ピッチベンドやモジュレーションホイールでビブラートを付ければ、なんとなくそれっぽい気分に浸ることができますが、本物のバイオリニストによる繊細なボーイング奏法にはとてもとても敵うものではありません。そこで開発されたのがPen2BowというiPad Pro専用のアプリ。Pen2BowはApple Pencilを使ってバイオリンのボーイング奏法をシュミレートするMIDIコントローラーです。

 

IMG_3127628E5028-1

 

Pen2Bowの基本的な仕組みは、Apple Pencilのセンサーが①ペンの速度②ペンの圧力③ペンの傾き④ペン先の傾き を検出することにあります。これら4つの情報は4つのMIDI CC(エクスプレッション、ビブラートなど)にアサインすることができるので、Pencilを動かすごとに4つのMIDI CCを同時にコントロールできるわけです。

Pen2Bowは、Pencilによる『円』と『線』の動きを識別できることも特徴です。本物のバイオリンで持続したノートを鳴らすには弓の返しに常に気を使わなければなりませんが、Pen2BowならばiPadのスクリーンで『円』を描くことによって、弓を返すことなく無限に演奏を続けることができます。さらにPencilで『線』を右方向に描くと上げ弓、左に描くと下げ弓をシュミレートします。

下のビデオではSWAMバーチャルインストゥルメントを使ったデモンストレーションが行われています。

右手でキーボードを弾き、左手でApple Pencilを操作。とても不思議な演奏スタイルですが、表現力はかなりアップする気がします。

 

Continue reading »

Tagged with:
 

Cubasis2.4とRozeta Bassline Sequencer

Cubasis2.4とRozeta Bassline Sequencer

SteinbergのiOS DAWアプリCubasisのバージョン2.4がリリースされました。本アップデートの目玉は「AU MIDIプラグイン」がサポートされたことです。普通AUプラグインというとプラグインシンセやプラグインエフェクターを思い浮かべることが多いですが、このAU MIDIはMIDIの入力にエフェクトをかけることができるもので、代表的なもので言ったらアルペジエーターだったり、鍵盤一つでコードを弾けたりするようなコードエフェクトなど、Ableton Liveなどにはすでに搭載されている機能です。Cubasis4.2のトラックパネルには新しくMIDI Effectsの欄が追加され、ここをタップするとサードパーティ製のMIDIエフェクターを選択できるようになります。

ではどんなAU MIDIエフェクトが発売されているのか調べ始めてみたのですが、実際のところ、ほとんど何も発売されていません。でも唯一目についたのがRozeta Sequencer Suiteという製品だったので、これをさっそく買って試してみました。

Rozeta Sequencer Suiteは9種類のMIDIエフェクターがパッケージされた製品です。たとえばBasslineというエフェクトはアシッドベースラインをさらっと作れるモノシーケンサー、X0Xエフェクトはいわゆる808系のドラムマシン用シーケンサー、XYエフェクトはシンセのMIDI CCをコントロールできるKaossPad系エフェクター、Rhythmエフェクトはポリリズムをさらっと作れるシーケンサー、そのほかアルペジエーターやLFOなど。ピアノロール入力ではなかなか作れないクールなパターンを一瞬にして作れてしまいます。

 

Continue reading »

Tagged with: