imgext (1)

AKAI Professional のMPCシリーズの新機種とみられる画像が流出しています。でも画像以外何の情報もありません。MPC Touchという名前から察して、おそらくタッチスクリーンが搭載されているのかもしれません。

またAKAIは以前からWindows 10を搭載のスタンドアローン型のMPCを開発していることを以前から発表していますが、もしかしたら、このMPC Touchがその噂のマシンなのかもしれません。画像をアップするとインプットとアウトプット端子を見ることもできます。そうなるとスタンドアローン型の可能性は高くなってきます。

派手すぎず地味すぎず、ガッチリとしたデザイン、スクリーンのサイズも程よく大きくて好感が持てます。問題は価格ですね。NI MASCHINEの脅威となるのでしょうか。

 

mpctouch

Tagged with:
 

rodgerlinn80
 

世界初のドラムマシンとなるリンドラムの開発、AKAIとの共同開発によるMPC60、 デイブスミス氏との共同開発にるアナログドラムマシンTempest、最近ではLinnstrumentというパフォーマンスコントローラをリリースしたばかりのロジャーリン氏。現在のシンセサイザー開発においてもっとも重要な人物の一人と言っても過言ではないでしょう。

1988年にリリースとなったMPC60 は、99トラック・99シーケンス、60,000音という膨大な(当時の広告では)データ容量を誇るシーケンサー部、サン プリングレイト40kHzのサンプリング・ドラムマシンが一体に、操作は320文字の大型LCDでスムーズに行え、ステップ編集も簡単。ドラムマシン部は 32音色プリセット、16音ポリ。メモリーは20ソング、MIDI OUTを4つ装備というモンスターぶり。価格は48万円だったそうです。

このMPC60 のトレーニングビデオが当時VHSビデオで流通していたらしいのですが、そこでロジャーリン氏自らがMPC60の機能を解説をしています。ちょっとNHK教育テレビ番組のようでもあるのですが、エピックなイントロダクションに続きロジャー氏が登場。MPC60がいかに斬新だったか、今見ても新鮮な驚きがあります。

 

 

ちなみにこちらは最近リリースしたばかりのLinnstrument を演奏するロジャー氏です。もしかしたらもの凄いユーモアのある方なのかと思ったりも。

 

 

Tagged with:
 

まず、iMPC Pro の凄いところは合計64トラック使えるというところ。一つのトラックには64種類の音(A~Dバンク)をロードすることができ、つまり理論上では合計4000種類以上のサウンドをドラムパッドの上に並べてトラック作りをすることができるわけです。果たしてそれだけの音が必要な人がいるのかどうかは分かりませんが、とにかくiPad アプリはもうそんな凄いレベルまで来たんだ、という業界の凄みを感じるところです。とはいえ、私のiPad  2でそんな大量のサウンドを読み込見込まそうとした時には当然クラッシュします。(やはりそろそろ買い替え時なのでしょう。)

Continue reading »

Tagged with:
 

バルト海に面するヨーロッパ北東部に位置するラトビア共和国。一度だけ訪れたことがあるのですが、とにかくめちゃ寒むです。それはさておき、ラトビアに拠点を置くErica Synths というメーカーがリリースしたデスクトップ型のフィルターエフェクターACIDBOX。この ACIDBOX は80年代のソビエトが生産したもっとも有名なシンセサイザーPolivoks のフィルター部をエミュレートしたものだそうです。ちなみに、、ソビエト時代のPolivoksとはこんなシンセサイザーだったようです。

赤いボタンをタップすることによってLFOの速度を調節することができたり、CVコントロールが可能とのこと。ごっついノブがいい感じです。下のデモンストレーションビデオではKORG MonotribeのサウンドがACIDBOXに通されフィルターがかけられています。AKAI MPCからはドラムサウンド、そしてMIDIクロック信号がMonotribe に送られ、MonotribeからLFO CV がACIDBOXに送られている様子です。

価格ユーロ222

 

 

Erica Synths

 

 

 

 

via Sequencer.de

 

 

Tagged with:
 

ArturiaのソフトウェアドラムマシンSPARKがアップデート、「SPARK2」がリリースされたばかり。さっそくこのソフトウェアを試しているところです。

SPARKは(NI MaschineやAKAI MPC Renaissance と同様)ハードウェアコントローラとソフトウェアが一体となった ’ハイブリッドドラムマシン’ という位置付けがされているドラムマシンです。ソフトウェアが主体なのでソフトウェアだけでも音は出るし音楽を作ることもできるわけですが、ハードウェアコントローラを接続して初めて「楽器として演奏ができるドラムマシン」になる、今どきのスタイルのドラムマシンです。

ソフトウェアの価格は$129 (6月30日までのスペシャル価格  Arturia 方式HPにて)(これまでのユーザーは無償アップデート可能)、やはりコントローラも必要だという人は コントローラとソフトウェアがパックになった SPARK LE (6月30日までのスペシャル価格 $199)をチェックしてみてください。

 

 

Continue reading »


最近、楽器屋を覗いてみて驚いたことはMIDIキーボードの種類の多さ。ラップトップやタブレットを使って音楽作りをする人が増えていることもあり、持ち運びにも便利、電源供給もUSBから行えるコンパクトミニMIDIキーボードの数が多くなって来ているようです。

さて、このたびAKAIがリリースするMPK mini mk2ですが、AKAIのスペシャリティーであるMPCのドラムパッドがついているところが一つの魅力であることは間違いないでしょう。プラス、8つのロータリーノブが付いたコンパクトMIDIキーボードなのです。

 

 

MPK mini mk2 は5年程前にリリースされたMPK miniの新しいバージョンです。パッと見て一番大きく変わった部分は左上にある赤いサムスティック。4方向にクリクリと動かすことができるもので、ピッチベンドとモジュレーションの操作することができます。ミニキーボードとはいってもピッチベンドが付いていないキーボードはものは寂しいもの。この小型スティックはなかなかナイスなアイデアです。

もう一つの新機能、ノートリピート機能が付いているのも乙。アルペジエーターはmk1にも付いていたものですが、これもなかなか重宝します。

USBのジャックが小型のものからフルサイズジャックに変わっているのも良いところです。小型ジャックは結構簡単に外れやすいのです。また、万が一ケーブルをなくしてしまった場合でも、すぐに代わりを見つけることができます。

このMPK mini mk2 にはエディター、そして音楽ソフトウェアが付属するのも特徴。

  • Akai Pro MPC Essentials これは結構うれしいかも!
  • SONiVOX Wobble by AIR Music Tech
  • Hybrid 3 by AIR Music Tech

 

同じ25鍵ミニキーボードであるNovation Launchkey Mini やarturia Mini Labと違い、iPadとの接続は不可能なのは残念なところです。

 

 

MPK mk2 スペック

  • Number of Keys: 25 velocity-sensitive
  • Pads: 8 pressure- and velocity-sensitive, light-up MPC-style pads x 2 banks
  • Knobs: 8 assignable controller pots
  • Computer interface: USB-MIDI communications to Mac/PC
  • Programs: 4
  • Octaves: 10 with Octave Up and Down
  • Arpeggiator: Yes
  • Additional Controls: Pitchbend/Mod Joystick, Note Repeat button, Full Level button, Tap Tempo button
  • Additional Inputs: (1) 1/4″ (6.35mm) TS input for sustain pedal
  • Power: USB power via full-size USB jack; no power adapter required
  • Dimensions: 12.5″ x 7.13″ x 1.75″
  • Weight: 1.65 lbs
  • 価格?
  • 発売日?

 

AKAI

 

 

 

 

 

Tagged with: